新規事業ブランディング(カウンセラー)

2020年08月10日 実績

佐世保市内でカウンセラーとして創業された「カウンセリングステーションこころね」様のブランディングをお手伝いしました。

 


 

こころねさんからはロゴ、ウェブサイト、名刺、パンフレットといった基本的なツール類のご要望がありました。これまでも同様の案件は多数手がけておりますので制作することには問題ありません。しかしツール類をつくる「だけ」だと、“仏作って魂入れず”の状態です。ツールの完成がゴールになってしまいます。それはこころねさんはもちろん、私も望むことではありません。

大切なのは、それらのツールを見た方が提供するサービスに共感し、コンタクトをとりたくなるように設計していくことです。そのために一番必要なのは、デザインでもキャッチコピーでもなく、それらの指針となる考えや思いであることは言うまでもありません。

 

そこで今回のプロジェクトに際しては、MVV(ミッションビジョンバリュー)をつくることを提案しました。MVV策定に当たっては、代表カウンセラーのKさんと私の2人3脚でのワークショップという形式を取りました。

まず創業計画書を紐解き、そこからKさんが成し遂げたい未来を書き出していただきました。そこから私の方でキーワードの抽出。そして2人でディスカッションを繰り返していきました。そしてある程度、私の方でワーディングしたものをKさんへ提案し、腹落ちするまで何度も推敲を重ねていただきました。そこで決定したミッションは、事業所の目指すあり方としてウェブサイトにも掲載されています。

次にロゴ制作です。ここではデザイナーさんも参加し、3名でディスカッションをしながら思い描くイメージを抽出。デザイナーさんが、そこで得たインスピレーションを形にしていきます。こちらはイメージ以上の出来だと喜んでいただき、最終決定した案だけでなく、ボツになった案をメインの事業所のほかにある事業所のサイン用ロゴとして採用いただきました。

ウェブサイトについてはカウンセラーとしての思いを伝えることはもちろんですが、オンラインカウンセリング実施へのご要望がでました。オンラインカウンセリングということは非接触型のサービス提供となります。カウンセリング自体はZOOMなどのツールを利用すれば解決します。しかし自由な時間にカウンセリングを受けたい、また誰にも知られたくないといった利用者のニーズを考えると決済までオンラインで簡潔させる必要がありました。

そこで今回、公式サイトとは別にカウンセリングサービスを電子チケットで販売するECサイトも立ち上げました。ECサイトには無料でネットショップを開設できるSTORES(https://stores.jp)を採用しました。

 


 

今回のプロジェクトの大きなポイントは、ただウェブサイトを制作するのではなく、MVVの策定まで行ったことです。起業に際して創業計画書は作成しておられましたが、自らの想いを文章化し、私とのディスカッションを通じて事業の目指す姿、あるべき姿をきちんと言語化できたことは、事業を継続していくうえで大きな道しるべとなるでしょう。

広告業界ではウェブサイトにしろ、コマーシャルにしろ「インパクト」を重視しますが、インパクトばかりを追い求める故に本来提供すべき価値やその会社が持つブランドイメージから逸れてしまうことが往々にして起こります。そうならないためにも「やるべきこと」「やらないこと」の指針となる理念やブランドアイデンティティをしっかりと定めることが大切なことです。

 


つむぎラボではウェブサイト制作にあたり、クライアントの思いを一方的に解釈し制作しないよう心がけています。社内アンケートやワークショップなどで社内の想いをくみ上げ、みんなで共有できる理念づくりを起点にプロジェクトを進めていきます。アイデアだけに頼らない、御社の想いをきちんと届けるブランディング指向のウェブサイト制作はおまかせください。


CL:カウンセリングステーションこころね(https://cocorone-care.com


 

 

 

テレビコマーシャル企画・製作(住宅会社)

2020年07月28日 実績

 

佐世保地所テレビCM

 

佐世保市内の住宅会社、佐世保地所さまのテレビコマーシャルを製作させていただきました。

開発分譲地の告知および販促を目的とした依頼でした。通常、そこだけにフォーカスするのであれば販売価格帯や建築プランなどのイメージを織り込みながら絵作りを行います。しかしヒアリングと議論を重ねると「土地と家を売っているのではなく、まちづくりを行っている」という理念がうかびあがってきました。

そこで分譲地を舞台に、これからできていくであろう町並み、そしてそこに住まう家族を主役とした企画としています。

CM中に出演するご家族は、実際に佐世保地所さんで家を建てられたみなさんばかりです。家づくりを考える際に佐世保地所さんを選択候補として想起してもらえるよう、主要なターゲットと同じような子育て世代のご家族に出演いただいています。


 

つむぎラボでは、テレビコマーシャルやウェブサイト掲載用の動画、企業説明会用のリクルート動画などを企画・制作いたします。モデルの手配、ドローン撮影なども可能ですので、ご興味のある方はお問い合わせください。


CL:佐世保地所(https://sasebo-chisyo.co.jp


 

 

ECサイト(食品製造・販売)

2020年07月02日 実績

津田水産オンラインショップ

佐世保市内の水産加工品製造・販売会社、津田水産さまのECサイトリニューアルを担当させていただきました。

津田水産さまは以前の職場でも担当させていただいておりましたクライアントさんで、一度サイトをリニューアルしています。その時は商品点数もそれほど多くなかったため、コンテンツ発信によるブランド力強化を目的としてWordPressによるサイト構築+プラグインによるEC機能の実装を行っていました。

その後、徐々にリニューアルの効果が出て、順調に売上が伸びていきました。しかし注文が増えるに伴い純粋なECシステムではないことによる、不満が生じてきました。具体的にはサイト表示速度の問題、対応する決済方法の種類、お客様の注文時の各種情報入力の手間などです。そのため、タイミングを見ながら本格的なECシステムへの移行を希望されていました。

今回の業務に当たり、上記の課題を完全にクリアすることを目標にカートの選定からサポートさせて頂きました。また新商品の追加なども希望されたため、前回に引き続き撮影業務も行いました。ECカートに移行したことで快適なお買い物環境が実現。それに伴い売上も順調に推移していると伺っています。

 


津田水産さんでは、日本伝統の「魚食」文化を守りたいとの想いを持っておられます。積極的な外部発信は行っていませんが、理念とも言うべき考えを発信していくために「干物ストーリー」というコンテンツも用意しています。

こうしたファン作りの取り組みが売上という果実となっているのだと感じています。弊社も引き続きブランディングにつながる施策でサポートしていきます。


CL:津田水産(https://shop.tsuda-suisan.com

 

 

 

 

展示会ブース装飾(建材卸)

2020年05月25日 実績

 

 

福岡県内で環境関連の商材を取り扱うYMエコプロダクツさまが「Japan Home & Building Show」(東京ビッグサイト)に出展された際の、ブースサイン類の製作を担当させていただきました。

展示会に出品したメインの商材は、RecostoneⓇ(レコストーン)という表面がタッカーで施工できるほど薄い天然石を使用した内外装用建材ボードです。YMエコプロダクツさまは、このRecostoneⓇ(レコストーン)の日本総代理店をされており、市場での認知向上と販路拡大のために出展されました。

ブースの躯体はYMエコプロダクツの社長さんの発案でコンテナを特注したもの。弊社では商品のコンセプト開発からタグライン策定を起点に、コンテナ上部サイン、躯体周囲に貼り付けられたレコストーンのデザイン(※)、内部に掲示する案内板までを企画、製作いたしました。ブースのデザインと商品の新規性で多くの引き合いを頂いたと伺っております。


(※)加工容易性をわかりやすく表現するためのカット(切断)デザイン、プリント加工のためのグラフィックデザインなど


「Japan Home & Building Show2019」の来場者(主催者発表)は40,664名。国内の大手をはじめ全国から来場者が集うため、ビジネスチャンスの広がりという意味では地方開催の展示会とはスケールが違います。

どれだけ良い製品・サービスでも販路が広がらなければ、売ることができません。確かにこれだけの規模の展示会となれば経費も数百万円かかってしまいます。しかしそれに見合う顧客獲得が見込めますので検討の価値はあるでしょう。

 


CL:YMエコプロダクツ(https://www.ym-ecoproducts.com

 

イベントチラシ企画・制作(住宅会社)

2020年05月20日 実績

イベントチラシ製作

 

佐世保市内の住宅会社、佐世保地所さまのイベントチラシの製作を担当させていただきました。

毎年恒例の抽選会を集客の目玉としたイベントによる集客および販促を目的とした新聞折り込みチラシです。お正月のめでたさと、子育て世代を対象としたやさしさをデザインで両立させています。

チラシだけでなく、そのグラフィックをテレビコマーシャルおよびパブリシティにも流用し、放送。当日はあまり天候には恵まれませんでしたが、上場の反響と集客を実現しました。

また創業40周年という記念の年でもあるということで、周年ロゴの制作も担当いたしました。


CL:佐世保地所(https://sasebo-chisyo.co.jp

facebook twitter