店舗のリブランディング(食品製造販売業)

2021年06月03日 実績
お持ち帰り餃子専門店として再起した天津包子舘

 

佐世保市上京町に約70年続く中華料理の老舗「天津包子舘」様がお持ち帰り餃子専門店としてリニューアルオープンされるリブランディングのお手伝いしました。

 


 

2019年の新型コロナウィルスの流行によって飲食店は大きな打撃を受けました。それは老舗である天津包子舘も同様でした。レストラン部門は2020年の春先から全面休業を余儀なくされ、冷凍餃子の製造だけで営業を続けてこられました。その間、再起を図るため準備をされていたようですが、レストランの再開は難しいと判断され、持ち帰り餃子専門店としてリニューアルする決断を下されました。

 

リニューアルオープンにあたってはお客様をお迎えするためのサイン類、そしてウェブサイトの整備を進めていきました。

佐世保市民なら誰しも一度は食べたことがあるであろう天津包子舘のじゃんぼ餃子。その凱旋を告知するためにプレスリリースとポスターを制作。店舗玄関に貼って頂きました。同時に同じビジュアルでウェブサイトにも公開し、オープン日を告知しました。

 

オープン告知ビジュアル

 

リニューアルする店舗のサインデザインにあたっては、天津包子舘がこれまで培ってきたブランドを毀損することなくスムーズにテイクアウト専門店へ移行できることを念頭に進めました。

 

リニューアルするテイクアウト専門店のコンセプトは「原点回帰」。

天津包子舘のルーツは戦後、中国・満州から引き揚げてきた初代店主である八木秀義さんとその妻、ヒサ子さんが中国で食べた料理の味を佐世保の人に伝えたくて始めたお店というところにあります。そういう意味で、今回餃子のお持ち帰り専門店として再起することは本当の意味での原点回帰であり、ブランドカラーやロゴなどは今までのイメージを踏襲し、変わらぬ味が帰ってきたということを周知することを目的としました。

原点回帰を伝える最たるものが、従来ショーケースとして使われていたガラス全面にインクジェットシートを貼り、当時のヒサ子さんの写真とともにお店の歴史を伝えるようにしたサインです。

 

もとはショーケースだった歴史を説明するサイン

 

主力商品のじゃんぼ餃子は社長夫妻と職人さんの3名で手作りしていることから1日の販売量が限られており、リニューアルオープン初日から売り切れが続くなど好調なスタートでの再起となりました。

店内ではじゃんぼ餃子のほか、豚まんや角煮まんなどの点心、冷凍ちゃんぽんなども販売されています。

リニューアルした店内

 


 

事業や店舗をリニューアルする際のブランディングとしては、今回のように従来のブランドを守り活かしながらリブランディングするか、全く新しいアプローチでリブランディングすることになります。どちらの手法をとるかは、提供する商品・サービス、対象となる顧客、市場によって異なります。

今回は老舗の「変わらぬ安心感」を伝えるためのリブランディングとなりました。

 


 

ブランドは会計学上「のれん」と呼ばれ、企業にとっては貴重な資産です。ブランディングは時間とお金がかかるものですが、築かれたブランドはさまざまな企業活動に好影響を及ぼします。
御社の想いをきちんと届けるブランディングはおまかせください。

 


CL:天津包子舘(https://www.tenshinpaozu.jp


 

 

 

リクルート動画制作(空調衛生設備工事業)

2021年05月17日 実績

空調衛生設備工事業の「双峰設備」様のリクルート動画制作を担当いたしました。

 


 

県北地区でも大手の空調衛生設備工事会社であり、毎年コンスタントに採用活動を行っている双峰設備株式会社。コロナ禍において会社説明会の実施が困難なため、高校などで動画を視聴いただく目的で制作したものです。

高校の新卒者が動画視聴の対象であるため、社内若手の方々の勤務の様子や就職に至るまでの経緯などを業務風景を交えながら編集しています。

また「空調衛生設備」という仕事について、エアコンや下水道設備工事という身近な例だけではわかりやすくても、その社会的意義ややりがいが伝わらない部分を、宇宙の比喩を用いたりすることで「夢」や「志」にまで高めるよう工夫しています。

リクルートCMの事例においても同様ですが、リクルート施策においては、告知から採用に至るまでの導線の設計が大切になります。
今回の動画制作は募集する母集団に対して認知を促し、好意を形成させるところから一歩踏み込み、業務そのものへの興味関心を促すことを目的としています。

 

CL:双峰設備(https://soho-corp.com


 

 

 

リクルートCM制作(機械修理業)

2021年03月07日 実績


船舶・機械の修理をされている「山口マシナリー」様のリクルートCM制作を担当いたしました。


 

同じテーマでも以前テレビCMを制作しているのですが、今回はそのリニューアルです。

ビジュアルを見ていただくと一目瞭然ですが、ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのコンビで有名な映画「メン・イン・ブラック」のオマージュがテーマです。映画に造詣が深い山口マシナリーの山口社長の発案に、弊社でストーリーを肉付けしていきました。

リクルート施策においては、会社を宣伝すれば良いという訳ではなく、告知から採用に至るまでの導線の設計が大切になります。
今回のCM制作は募集する母集団に対して認知を促し、好意を形成させるためのものです。もちろんそこだけで採用に至るわけではなく、比較検討に対する対策も必要ですし、説明会などで効果的にアピールするツールなども必要になってきます。

 

今回は入口となるツールとしてテレビCMと同じビジュアルによるポスター、チラシへの展開までをお手伝いさせていただきました。インパクトのある採用活動のサポートはおまかせください。


CL:山口マシナリー(https://www.y-machinery.co.jp


 

 

 

リモート水子供養サイト(ECサイト/宗教法人)

2020年11月05日 実績

 

佐世保市内の宗教法人本覚院さまがオンラインで水子供養を提供するECサイトを担当させていただきました。

水子供養 みんなのお寺 本覚院

 


 

コロナ禍においてなかなか水子供養ができない方々のために、ZOOMを使った供養の仕組みを構築され、その窓口として開設されたサイトです。

構築にはSTORES(https://stores.jp)を利用しています。STORESのテンプレートはライバルのBASE(https://thebase.in)と比べてシンプルなものが多いので、デザイン面で利用を躊躇される方もいるかと思いますので、工夫次第ではここまでできるという参考にしていただけるのではないかと思います。

 


 

コロナの影響もありオンライン販売への移行が一気に進んでいる印象を受けます。小規模事業者持続化補助金の採択案件にもオンライン販売への移行を目的としたものが数多く見受けられます。

つむぎラボはブランディングを専門に手がけておりますが、ウェブサイトだけの案件でもブランディング視点でさまざまなサポートができます。小規模なECであればSTORESやBASEを利用することで比較的安価に立ち上げることができますので、オンライン販売をご検討の際はお問い合わせください。

 

 


CL:本覚院(http://www.hongakuin.com

新規事業ブランディング(理髪店)

2020年10月30日 実績

 

佐世保市戸尾町のアルファビル1Fに理髪店を創業された「BARBER BRIGHT(バーバーブライト)」様のブランディングのお手伝いしました。

 


 

当初、オーナーのご要望としては、新規開業にともなうロゴマーク、フライヤーなどが主な依頼でしたが最終的にはサイン類までお手伝いいたしました。

 

最初の打ち合わせの段階では店名も決まっていない状態だったため、ネーミングについてのアドバイスをさせていただきました。そのうえで決定したのが「BARBER BRIGHT(バーバーブライト)」という店名です。その言葉の意味通り会話が弾む明るいお店、髪をカットして明るい気持ちになって欲しいというオーナーの思いが込められています。

 

ロゴ制作においては、店舗づくりも同時に進んでいたためオーナーの要望とイメージが明確でしたのでスムーズに決定しました。理髪店のシンボルとも言える赤、青、白のサインポールをあしらったロゴです。また従来の理髪店のもつ非おしゃれ系のイメージを払拭するために英語表記をメインとしています。

 

今回私も知ったのですが、理髪店と美容院の違いというのはシェービングの有り無しだけで、カットの技術に優劣はないそうです。オーナーは大手理髪店チェーンの店長をされていただけあってカット技術も確かで、特に男性のショートカットを得意とされているとのことでした。(インスタグラムに事例を多数アップされていますのでご覧ください)

 

 


 

新規事業を始められる際には、ロゴマークを始め、ウェブサイト、印刷物、サイン(看板類)など準備する必要があります。そういった時に、ロゴはデザイナーへ、ウェブサイトはホームページ屋さんへ、印刷物は印刷会社へ、サインは看板屋さんへと別々に発注される場合がありますが、そこにはメリットだけでなくデメリットも存在します。

メリットはコストを抑えることができることです。特に事業のスタート時には本業への資金がまず必要なので、その他のコストを押さえることができるのは大きなメリットでしょう。しかし反面発生するデメリットとして、それぞれの業者さんと個別に打ち合わせを行う必要があり時間をとられることがあります。また、それ以上のデメリットとして全体をディレクションする視点が欠けてしまうため、ツールごとに表現が異なったり、デザインがバラバラになったりすることがあげられます。

ブランディングの観点からすると、後者のデメリットはすごく大きいです。社名に込めた想い、事業に対する理念などをこれから世の中に広めていかなければならない時に、人々の目に触れるアウトプット(デザイン、ツール類)がバラバラでは、伝えたいことの力が弱まってしまいます。この部分をどう捉えるかは、それぞれの判断に依りますが、つむぎラボではおすすめしていません。

 


 

つむぎラボでは新規事業のサポートを行う場合、単なるデザインやツール制作ではない、ブランディングを念頭に置いたプロジェクトを進めます。それはオーナーとのディスカッションだったり、ワークショップなどのセッション形式で行ったりとさまざまです。

御社の想いをきちんと届けるブランディング指向のサポートはおまかせください。

 


CL:BARBER BRIGHT(バーバーブライト)(https://www.instagram.com/barberbright1019


 

 

 

facebook twitter