鉄骨製造会社のブランディング

2021年10月11日 実績

 

 

佐世保市白岳町にあるMグレード認証鉄骨製造業である「大成産業」様のウェブサイトリニューアルに伴うブランディングのお手伝いをいたしました。

 


 

最初は古くなった会社案内を新しくしたいというご依頼でしたが、いろいろとヒアリングをした結果、コーポレートサイトのリニューアルも行うこととなりました。

 

SNS全盛の今、ウェブサイトをもたずSNSからの情報発信だけ行っているところもあります。アパレルや飲食店といった業種は、画像を主体とするインスタグラムなどと相性が良く、またSNSが唯一の検索手段となっているような若い世代を対象とする場合や扱っている商品・サービスが低価格帯だったり、型番商品や普段から見慣れている商品の場合はSNSだけの運用だけでも全く問題ない場合も多いと思っています。

しかし高額商品や健康にかかわる商品、ニッチな分野の商品を扱っている場合、またBtoBの業種などにおいては、コーポレートサイトは必須です。2つほど理由があると思っています。

 


 

その理由の1つ目として、会社の信頼性はSNSだけだと得られにくいということが上げられます。クライアントさんのGA(Google Analytics:アクセス解析)を見ても会社案内のページがホーム(トップページ)の次に見られていることが多く、これは「実際に会社があるのか」「会社は信頼できるのか」「サービス・商品を案して買うことができる会社か」ということを見極めるために見られていることが想像できます。

SNSだとプロフィールに会社・店舗の情報を記載する程度です。そのため実際に会社・店舗へ足を運べる場合はいいのですが、そうでない場合はSNSだけだと信用を得るのは難しいことが多いと考えています。

次にコーポレートサイトとSNSは役割が異なっていることがあります。SNSは無料で発信できること、使っているプラットフォームによっては大きな拡散が見込めることがメリットです。LINEのユーザー数は約9,000万人に迫る勢い、Instagramも3,500万人ほどいますので一発当たればすごいぞ!と夢を見がちです。(笑)

しかしプラットフォームの利用者数がどれだけ多くても、自社のアカウントのフォロワー数が数百程度ではほとんど身内で「いいね」を回しているようなものです。数千規模になってようやく身内の周りにいる人にも情報が届くくらいの認識を持っていた方が良いでしょう。

フォローバックを前提にしてSNSのフォロワーを増やすのは最初のやり方として間違ったやり方ではないと思いますが、関連性のないフォロワーさんの拡散がどこまで有効なのかも疑問です。SNSではある程度、共感してフォローしてくれているフォロワーさんの拡散でないとビジネスにプラスに作用させることは難しいと感じています。

また反面、コーポレートサイトではSNSと違い、自社が大切にしている理念や、商品・サービスに対する想いなどの発信を自社のトーン&マナーのもと発信できるというメリットがあります。

しかしSNSに比べて閲覧者を集める難易度が高いですね。対策としてSEOやコンテンツマーケティングなど手法は様々ありますが効果が出るまでに半年〜1年、それ以上かかることもあります。

 


 

こういったことを考えると、ユーザーが多いところで話題性を振りまき、そこからコーポレートへ誘導し、自社の理念や想いに共感していただいたうえで、再度SNSの投稿を拡散してもらうという流れが見えたりもします。実際はそんな簡単なものではありませんが、ツールの特性を把握することである一定の戦略がおぼろげにも見えてくるものです。

今回の業務においては、ビジネスの情報を発信していくうえでSNSは影響力を持たないと判断しましたが、会社の実存証明、信頼性のアピールという観点からウェブサイトの刷新は喫緊の課題であるという判断に至り、会社案内とともにコーポレートサイトもリニューアルするということになりました。

 

 


 

つむぎラボでは事業そのものの方向性を定めるブランディングを行っています。あくまでもウェブサイトはブランディンのアウトプット(外部発信)のためのツールです。
既存事業のテコ入れや新規事業などを軌道に乗せるためには、きちんとした戦略のもと、それに呼応する戦術を丁寧に立案することが大切です。

ブランディングでお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

 


CL:大成産業株式会社(http://tsk3229.jp


 

 

 

facebook twitter