酒造会社のブランディング

2021年05月03日

潜龍酒造コーポレートサイト

sake-honjin.com(潜龍酒造ECサイト)

 

佐世保市江迎町で300年以上続く造り酒屋の「潜龍酒造」様(代表取締役:十三代山下庄左衛門)のウェブサイトリニューアルに伴うブランディングのお手伝いをいたしました。

 


 

最初はECサイトのリニューアルから始まったお話でしたが、蔵主でもある山下社長が同業他社の事例を研究され、販売だけではなく蔵のアピールも同時に行うべきだろうという判断からECサイトのリニューアルだけでなく、同時進行でコーポレートサイトも構築することになりました。

 

ECサイトは商品を選ぶ楽しさや、購入する喜びをウェブサイト上で体験いただくものです。ではコーポレートサイトでは何を打ち出すべきか。一昔前であれば会社概要的な情報を掲載し、そこに存在することがコーポレートサイトの目的であるような状況もありました。しかし現在は店舗(店頭)、商品・サービスの次にエンドユーザーが接触するメディアであり、しかも能動的な動機で接触することが多いものです。そのためもっと有益なアウトプットを掲載し、深い関係性を築くことを目的とします。そう「ブランディング」をウェブサイトを通じて行おうというものです。

今回の業務においては、ブランドアイデンティティの確立を行い、それをウェブサイトに反映させるという方向で進めていきました。

 


 

ブランドアイデンティティとは、企業側が顧客に「こう思ってもらいたい」という独自性を端的に表す言葉です。タグラインやキャッチコピーが外向けのものであるのに対して、ブランドアイデンティティは社内における自社に対する共通認識としての性格が強いものです。

端的な言葉で表現されるが故に「かっこいいフレーズを考えればいいんだろう」と思われがちですが、単なる言葉遊びでできるようなものではありません。今回は山下社長と杜氏さん、事務職の方々の参加によるワークショップを開催し、ファシリテーターとして私と福岡在住の私の先生でもあるU氏にリモートで参加いただき進めていきました。

ブランドアイデンティティ確立までのワークショップは8月下旬から約1ヶ月間の間に4回実施。各回とも3時間程度となる熱のこもったものとなりました。全員で一つの課題に向かい、考えを出し合うという機会というのはどの会社でもなかなかありません。また会社の会議というのは社長や上役の意見が大きくなりがちで、フラットな会議にはなかなかならないものです。その点ワークショップは、ファシリテーターという外部の第三者が進行役を務め、社長、社員の別なく進めていきますので、それぞれのアイデアや考えを出しやすいというメリットがあります。今回のワークショップにおいても、各自の考えの再認識だけでなく、お互いに「こういうことを考えていたのか」という気づきが得られるものとなりました。

 

ワークの様子

 

3C分析のワーク(※加工しています)

 

 

ブランドアイデンティティが決まったことでようやくコーポレートサイトの方向性が定まり、本制作のための企画、実制作に入りました。また最後のワークショップとしてECサイト運営のための「カスタマージャーニーマップ」作成も実施。ECサイトにおける顧客の考え、行動に対する対応をワークしました。

 

8月のワークショップから1月末のコーポレートサイト、ECサイト公開まで約5ヶ月間のプロジェクトでしたが、潜龍酒造様のブランディングとコロナ禍に対応するための新しい一歩のお手伝いができました。

 


他社がまねできない独自の「ブランドアイデンティティ」を発見することは、市場において大きなアドバンテージとなります。しかしそこに至る道筋は一筋縄ではいきません。ブランドアイデンティティは、企業の特徴を体の良い言葉で飾ったものではなく、市場や顧客などあらゆる観点から自社を分析したときに浮かんでくる自社だけのスイートスポットが見つかった時にはじめて独自性となり得るからです。また、そのブランドアイデンティティを体現するのはあらゆる顧客接点です。商品・サービスだけでなく、スタッフの振るまいや企業の地域との関わりなどあらゆる企業活動が対象となります。そのためブランドアイデンティティは社長一人で考える、外部のコンサルタントに丸投げするのではなく、今回の潜龍酒造さんにように社長、社員が意見を出し合いながら作っていくのが理想です。

 

つむぎラボではウェブサイトに限らず、商品・サービスや企業そのもののブランディングまでサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

 


CL:潜龍酒造(https://www.senryuu.jp

ECサイト https://www.sake-honjin.com


 

 

 

facebook twitter