良い「モノづくり」さえしていれば必ず売れるというのは大きな誤解です

2020年06月03日 ブログ

ものづくりの誤解

 

商品・サービスが選ばれる(売れる)場合、その多くは「最安のもの」か「最良のもの」、もしくは「最愛のもの」と言われます。

 

商品・サービスはそのいずれかにおいて「差別化」をはかることで、市場に存在し続けることができます。 これまで日本の製造業は「最安のもの」を生み出すことで成長してきました。その後、中国をはじめとしたアジア諸国に価格競争力を奪われた後は「最良のもの」を生み出すことで企業を維持してきました。しかし2009年には工業生産額で中国に追い抜かれ、海外企業の品質が向上するにつれ、品質の優位性も危うくなっています。

 

また、IoT、Aiなどの活用においてもアメリカ、中国の製造業におけるITに対する投資が日本の数十倍の規模で行われている現在、次の「差別化」のための打ち手を見つけられない状況です。

国内市場を見ても同様です。他社が追随できない特許技術や生産能力があれば別ですが、一般的には競合他社との価格競争にさらされていたり、クライアントから品質はそのままでコストダウンを要請されるなどの悩みを抱えているケースが多くあります。

さらに国内市場の縮小に対して新規取引先の獲得ができていない、技術・技能面における優秀な人材の確保ができないなどの課題も抱えており、長期的な成長戦略を描けないでいます。

 

こうした状況に、手をこまねいているわけにはいきません。こうした状況を打破する打ち手は何か。それは「最安のもの」でもなく、「最良のもの」でもなく、「最愛のもの」として選ばれ続けるために企業活動を総動員して競争優位のポジションを得ることです。それが「ブランディング」への取り組みです。

 


 

「ブランディング」というと、車やお菓子など特定の製品を消費者に向けて宣伝する「BtoC」視点のイメージがあります。

また、企業間取引を行うBtoB製造業では、製品の検討から販売までのプロセスが複雑であり、消費者とのつながりをイメージしにくいためブランディングが重要視されていないのが現状です。しかし、これは大きな間違いです。

現在ではデジタルデバイスの多様化により、誰もが情報のアンテナを張りやすい環境になり、あらゆる面で競合他社と比較されやすい状況となりました。

そのため基幹となるビジネス(製品・サービスだけではなく、技術やプロセスにおいても)だけでなく「広報・宣伝」、「採用・人事」など多岐にわたって、ブランドがあるほうが圧倒的なアドバンテージとなります。

 

つむぎラボでは、ブランディングによって「選ばれ続ける仕組みづくり」を実現するお手伝いを行っております。こちらをご覧になられているあなたのお問い合わせをお待ちしています。

 

facebook twitter